2005年06月30日

風邪?

ちょうどタバコを止めた3日くらい後からセキが止まらなくなりました。
最初は風邪かぁと思って放っていたのですが、1週間過ぎても一向に治まる気配もなく、
やむなく病院に言ってきました。
ちなみに体調はノド以外は絶好調で、ちょいと微熱はでてたっぽい感じはするだけ。
なのに家の外だろうと中だろうと、電車に乗っててもゲホンゴホンのオンパレードで
医師から『仕事に差し支えない?』と聞かれたときに脊髄反射で
『大いに影響してます!(TT)』と答えてしまうくらいしんどいっす。。。

だって、車内放送で喋ってる最中にもセキの兆候が出るんだもん・・・。(TT)
1乗務するたびに何回『失礼しました』と言ったことか・・・。(号泣


とまぁこんな状況なので、実は今日はフツ〜に電車乗ってるハズの1日なんですが
こんな状態で電車に乗り込もうとしている人間を事務方も見逃すはずもなく、
職場に着くなりゲホンゴホンしているおれに休暇申請願とボールペンを差し出し
シブシブ書いてる脇で近くの病院に電話して予約までしてるし・・・。(汗

貴重な休暇が・・・。(ぉぃぉぃw


とりあえ抗生剤3つほどを5日分頂いて様子見。


んだけど、1日飲んでるけど一向に治まる気配がない・・・。(TT)






ってかキーボード打ちながらも咳き込んでるモンだから、タイプミスがいっぱい・・・。(汗
posted by C at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

ワタシはコレで・・・(以下略w

以下略ですが、会社を止めたワケではありませんのであしからず。(古w

禁煙開始から今日で7日目、まぁ大雑把な勘定で一週間が経過しました。

3日で1箱を消費していた頃だったら2週間くらいはど〜ってことなかったのですけど
さすがに1日1箱くらい浪費するようになると、依存度もそれなりにくっついてきて
ココ1年は1日が限界だった記憶があります。
ので、よくまぁここまで続いたな、と我ながら自分に感心しております。(笑)

ホントのことを言うと、イベントの成功の願掛けのつもりで禁煙していたので、
イベントが終わったら速攻で元に戻るつもりだったのですが、
イベントでの極度の疲労から昨日一昨日と人間が見事に死んでいたので
とりあえず今日の仕事が終わった後に1週間ぶりに元のヤニ吸いに戻るコトを決意しました。
詰まるところ、最初から止めるつもりがなかったから続いたんだな、と・・・。(ぁw















のつもりだったのですが、そのままヤニ吸いから卒業することにしました。(早w

だってさぁ、久々に吸っても-t( ^o^)。o 0 プハーと気持ちよかったのは最初の一口だけ!
その後は何か急激に脳ミソの毛細血管がみるみる縮んでくのが自分でハッキリ認識できて
そのままものすご〜くクラクラしちゃって、そこでギブアップ。。。
その後は強烈なめまいと吐き気に襲われて、その場に立っていられなくて
そのまま詰所のソファで10分ほどくたばってました。。。



もういいです。。。
よく11年間もこんなモンを吸入してたなぁと。。。
百害あって一利なしとよく言いますけど、確かに百害は正しい。
一利と言う部分は、まぁ吸ってた人間としてはないとは言い切らないけどね。(笑)

というワケで、改めて今日から断煙宣言します。
ただし貰いタバコは別で・・・(ぉぃw
posted by C at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

焼けた・・・TT

昨日は本社の営業課員とウチの乗務区の現業員でちょっとしたイベントを実施してきました。
今までのウチのイベントと言えば、コアというかディープな鉄道ファンが拍手喝さいするような
マニア向けのイベントが殆どだったのですが、
個人的にはどうしても電車大好きな子供が楽しめるイベントをやりたくて、
企画構想の段階から微力ながらお手伝いさせていただいてました。
たった一日だけの開催で何が出来るかは正直わからないし、
会社としても今までこんな経験はしたことがないと言うことで
果たして無事に成功するのかどうかはフタを開けてみないと分からないと言う感じ。
正直、車内や駅構内のみでポスターを掲載していただけだったらしく、
PRというか、事前周知面でものすご〜〜〜〜〜〜〜〜く不安だったのですが、
想像以上の集客だったようで、とりあえず計画としては成功したのかな?と考えてます。
だけど、例えば近隣の小学校とか幼稚園とか、そういうトコでもイベント周知の告知とか出来たなら
もっと多くの方に来ていただけたのではないだろうか、と思うとちょっと悔しいですが。(ぉぃw
それでもホスト側の動員者も人数が足りなかったおかげで殆ど休憩も出来ず
真夏日の炎天下の下、5リットルくらいの水を飲みながら、子供と遊んでました
来訪してくれた方に楽しんでいただけるようにせっせと頑張ってまいりました。(笑)
おかげで顔・首・腕がコンガリしちゃいまして、今死ぬほどヒリヒリしております。
明日仕事で制服着てもネクタイ締めるのがものすごくしんどいかもしれません・・・。(号泣)


ってか、もう夏にイベント起こすのは止めようと本気で思った。(ぇw
制服来て直射日光の下で体動かすってのが地獄だというのが良く分かったよ。(><)
昨日下ろしたばっかりの制服が、もうクリーニング屋に格納されちゃったし。。。(爆)
それに今回は熱中症になった人が出なかったけど、今後は考えられるからねぇ・・・。(汗



最後になりましたが、お越しいただいた皆様、ホントに暑い中ありがとうございました。
これでウチの会社をエコひいきしてくれる人が増えれば、
それから電車の最後部でおれに向かって手を振ってくれる子供が増えれば尚ヨシです!(笑)
いつかまた同じコトをもう一度やりますので、
その時も皆さんのご助力を、そしてご来訪いただけますように宜しくお願いします。
我々も前回以上に来てくださった皆様に楽しめるイベントに仕立てますので。(^^)v
posted by C at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

納得・・・

断煙生活60時間経過(笑)

これだけ時間過ぎても相変わらずPCの前でキーボード叩いてると
無性に吸いたくなる感覚がドバドバ来るわけでして、
昨日からホントに必要な時以外はPCの電源を切ってます。
PCだけじゃなくて、TV見てるときとかプレステで遊んでたりとか
本や雑誌読んでるときでも禁断症状が出てくるので、
昨日1日、掃除洗濯などなど、家事全般一通り、というか主夫やってました。

でないと衝動を抑えきれないのですよ・・・。(><)


もっとも、仕事などに追われまくってココ2ヶ月くらい
掃除機かける以外の掃除を一切していなかったので
ちょうどいい機会だったというかなんと言うか・・・。(笑)


ところで、禁煙すると良く太るというハナシを良く耳にします。
タバコってのは実は意外なダイエット食品だったの?とか
逆に吸えないストレスで痩せるって人もいるんじゃない?とか
そのハナシを聞くたびにいろいろと考えるのですけど、
やっぱし太ったと言う人はいるけど痩せたと言う人はいないんですよ。
少なくともおれの周りにはね。(^^;

そもそも何で太るのか分からないからこういう思考になるんだけど、
実際に自分が禁煙を始めてみて、たった2,3日しか経っていませんけど
今なら凄く良く理解できます!(爆)

例えばちょっとした間食で¥300くらいの粒チョコ特大袋を家にひとつ常備してますけど、
普段だと1週間で一袋消費するのが昨日1日でなくなったっつ〜か全然足りません!(切実)
というか昨日一体何食分おれはメシを食ったのだろうと勘定してみたら
多分普段の3倍は食ってたかもしれません・・・。(汗



タバコ代が浮いた分、食費高騰で家計を逼迫するかもしれません・・・。(><)
posted by C at 10:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

無煙生活開始

突然ですが、昨日の夕方から急遽禁煙を始めました。
理由は何もないんですけどね。
夕方タバコが切れて買いに行こうと思ったら
ちょうど電車に乗り込まなきゃいけない時間になって
戻ってきたら売店が閉まってたから、
んじゃこっから断煙生活でもすんべ〜、というものすごく軽い気持ちなのに
気づくと既に24時間以上の断煙継続中です。

仕事の休憩中が一番つらいかなぁ?とか思ったんだけど、意外とそうでもなかったね。
本読むか新聞読むかしかすることがないから
今まで休憩中は20分に1本くらいのペースだったのにねぇ・・・。(汗


ちなみに、今が一番辛かったりします。
何故って?
PC打ち込んでるときが一番良く吸ってる環境だったりするからです。(ぇw

つまり、PCを起動しなければ結構長く続くかも?というコトらすぃ・・・。(汗



いやぁ、無理だわそれだけは・・・。(TT)



さてさて、いつ挫折するだろうかねぇ?

せめて3日は頑張りたいなぁと思ってるんだけどさぁ・・・。(w
posted by C at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

飲酒お断り!

18日の国会審議で酔っ払いがいるだので揉めたんだってさ。
なんかじゅんじゅんも酒呑んでたとかで懲罰動議が出たんだってさ。

で、オチが動議提出の泥仕合になって棚上げなんだってさ。


もうさ、アンタラさ、アフォですかと小一時間・・・(ry



こんなバカバカしいことに時間を費やすのでしたら、

aruken.jpg


これ導入しません?(w

規則では酒気帯びで議会に入ってはいけないことになってるけど
道交法みたいに厳格な数値が決まっているわけじゃないんだから
いっそのコト酒気帯びの数値の定義づけまでまとめて審議してくれませんかねぇ?
そうすりゃ最悪でもこんなおバカなコトに無駄な時間を割く必要もなくなりますよ?
時間が足りなくて会期延長までしちゃうくらいなんだからさ。(笑)

っつ〜ワケで国会のセンセーの皆様、是非ともご検討下さい!



ま、ど〜せ却下されるのは目に見えてますがね。(皮肉w
posted by C at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝塚線がとまった・・・?

といってもまた脱線したわけではない。(汗
事故現場に新設したATSで非常ブレーキが作動したらしい。

JRもいろいろ工夫をしているのは認めます。
が、どうしてもひとつだけ疑問に思うコトがある。
どうして0か1というとってもデジタルな選択肢になるんだろうか?
非常ブレーキ投入=止まるまでブレーキが緩解できないってことなんでしょ?
超過速度を下回ったら緩解するようなシステムって作れないのかなぁ?
例えば1段下の8ノッチ投入→速度計からスピード検知して自動緩解、みたいな。

おれも非常使ったコトが何度もあるから言うんだけど、
ハッキリ言って突然急減速するのってメチャメチャ危ないんだよ!?
ブレーキが掛かったときのショックはスピードが出ている時なら体感的にはそんな感じないけど
止まる瞬間の衝撃はかなりでかい。
クルマみたいにシートベルトがあるわけじゃないから
前ノメリになって座席に頭をぶつける人だっているかもしれないし
立ってる人が転ぶコトだって十分考えられる。
さすがに満員電車で突然非常ブレーキが作動して
その時の衝撃で他の人に押しつぶされて圧死するなんてコトはないだろうけど、
少なくとも怪我人が出ないという保証はどこにもない
実際、おれは非常引っ張って一人のお客様を転倒させて怪我を負わせたコトがあります。
運行上危険を察知して必要な処置として非常投入したわけだから
別に怪我人を出したことで責められはしなかったけど、正直あんましいい気はしなかったね。

電車を止めることではなく、カーブに進入する時に速度を守らせるコトが目的なんだから
最高速度からブレーキの制動力を考慮して、もっと手前から速度制限を機械的にも遵守させることで
非常ブレーキをを使わずに、そして突然その場に留まることもなく、
さらには定時運行だって維持したまま減速させることも出来るんじゃない?と思うんだよね。
それって理想的じゃないんですかねぇ・・・?


つ〜か、こういうのが安全とサービスの両立と言いません?
両極端に偏るようなアタマの固さがこの会社の一番の問題じゃないかと思いますが
西日本の首脳陣の皆様はいかがお考えでしょうか?

今更そんなことに掛けるカネがないとは言わせませんよ?(w
posted by C at 01:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

F−1アメリカGP

昨日の夜中、今日の会議の資料作りのために朝5時まで起きてました。
ちなみに会議は9時から。
実質2時間しか寝てなくて、今日は帰ってきたのが18時で、
家に帰ってくるなりバタンキューで、
まだ晩メシ食ってなかったりします。(汗

切羽詰って慣れないことをしちゃいかんですね・・・。(^^;
会議中にコックリコックリすることはなかったんだけど、
睡魔と格闘していることに変わりはなく・・・。(滝汗


資料作りの最中のBGMに、と
珍しくTVつけてコンフェデ杯とF−1と両方見てました。
だから5時までかかったのでは?という突っ込みは勘弁ね?(爆)
だってその通りだもの。(ぉぃw
日本が押せ押せのときは筆を止めて画面に食い入るし、
大黒がゴール決めた瞬間なんて
夜中にもかかわらず『オオグロ〜っ!!!』なんて吼えちゃったし。(笑)


んでその後見てたF−1なんだけど、
見始めたのがちょうどスタート直後で
琢磨どこ???とじぃ〜っとTV画面に釘付けになったのに、全然見つからず。
それよかなんか妙に台数が少ない、というか6台しかTVに映ってない!
まだ始まったばかりだと言うのに、初っ端から多重クラッシュでもあったのか!?と思ったら
解説でミシュランがどうのこうのといってたので
YahooのF−1板で調べたら、ミシュランタイヤがこのコースを走るには危険すぎるってコトで
7チーム14台がボイコットした結果がコレ、ということらしい。

サッカーの改心の勝利の余韻がみんな吹っ飛んで、虚しく感じたのはおれだけじゃないハズ。
つ〜かまるでフツ〜の走行会を見てた気分・・・。

ミシュランユーザーのチームからの言い訳はコレ参照。
んで、ココには書いてないけどフランスから別のタイヤが届いたらしいけど、
初っ端からタイヤを変えてレースに出ることをFIAは認めなかったそう。

この時に出来るミシュランの選択肢としてFIAは
・ターン12と13を他のクルマを妨害することなくスロー走行
・厳しいペナルティを覚悟のうえ予選で使用していないタイヤで走行する
・レース中に安全面を理由とするタイヤ交換を行なう
と提示しているワケだ。

今年のF−1のレギュレーション変更についてはF−1見ている人ならみんな知っているだろうけど
1レース、フリー走行・予選・決勝レースを通して1セットのタイヤで走りきると言うもの。
例外的にパンクした場合はそのタイヤのみの交換を認める、と言う感じなんだそうな。
正直今までのF−1と全然趣の違うレースになった感じは否めないけど
決まってしまった以上はレギュレーションとして守られるべきであり、
レギュレーションを遵守してこそレースは成立するものじゃないのかな。
その上で安全ではないと言う理由でレースを取りやめたミシュラン勢の主張は十分納得できるし
それは個人的にはボイコットまでして安全を選択したミシュランを支持できる十分な理由だと思う。
ただレース体系にまで意見を述べる権利がミシュランにあったとは思えない。
それはただの身勝手なワガママ以外のナニモノでもないんだよ。
プロモーターに物申すのは自由だし、安全で誰しもが楽しめるようにという意味では必要なんだけど、
ただそれはGPが始まる前の段階での話で、
GPの最中に自分の主張をゴリオシしようと思ってはいけないと思う。
それこそルールを無視しているなんじゃないか?と。

責任論でFIAを攻め立てる人がいると思うけど、
そもそも危険なタイヤを作ったのはFIAでなくメーカーであることを忘れちゃいけない。
インディアナポリスサーキットが他のGPと違う構造というところを槍玉に挙げる人もいるだろうけど
もうひとつのメーカーであるブリジストンはキチンとGPを走破できるタイヤを持ってきたんだから
開催不可能なレースを主催したという主張は間違ってるんじゃない?
そういう意味でFIAを攻め立てるのは間違ってるとおれは思うけど?


まぁなんにせよ、興ざめしたことに変わりはないけどね。(w
posted by C at 23:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

駆け込み乗車は自己責任!の記事から駆け込み乗車を考える

ちと昨日の夜中にアップしたニュースを元にブログサーフィンしてみた。
『良くぞ言った!』という反応が非常に多かったのがおれとしては嬉しかったりする。(笑)
ただ、言い方に関してはちょっとキツ過ぎでは?という言葉もありましたが。

ってかさぁ、何でこんな下らんコトに抗議するヤシがいるんかねぇ?
相当な暇人か、それともカタブツなのか、どんなヤシだか思わず想像を巡らせてしまふ。(笑)


実際問題として、うちの会社ではドア狭圧は客の責任にはならないのが現実です。
乗務員が関わる部分で言うと、挟んだことに関してクレームを付けられた場合は事情聴取をされた後、
車掌に過失があったと認められた場合は車掌にペナルティが加えられます。
もっともどんなケースで過失になるのかというと、クレームを喰らったことは何度もありますけど
ペナルティそのものを喰らったコトは一度もないので知りません。(爆)
だって、おれが挟んじゃうケースってのが再開扉ボタンを押そうとしたけど間に合わなかったという
神業的な反射神経を持ってなけりゃ絶対回避不可能なケースばかりですから。(笑)
もちろんラッシュ帯はこの限りではありません。
ちょっとでも定刻より遅れてたら再開扉ボタンなんか絶対扱いません!(マジw
それでお客さんが挟まったのを見てから再開扉させます。
でないと他のドアも開いちゃって余計時間がかかっちゃいますから。(汗
それに駆け込みで狭圧しても、まず車掌の過失となるようなケースはないと思われますがね。
どちらかと言うと、会社のほうが対応に四苦八苦するでしょうね。
仮に駆け込んで挟まれて怪我をしたとして、医師の診断書まで持ってくるような輩には
ソイツが悪いとしか思えないような状況でも、会社としては謝罪せざるを得ない事態が多いそうです。
まぁ確かに怪我を負わせてしまったという負い目はありますから
謝罪せざるを得ないというのは分かるんですけどね、
おれら乗務員側から言わせて貰うと、無茶やって怪我して金を出せってのは
あまりにも理不尽じゃないか?と思うワケですよ。

ちなみに、こういった話は乗務員サイドには届きません。
乗務区の事務方には話は来ているとは思いますけど、
それを僕らに言うほど野暮な方々ではない、ということかな?(笑)
じゃ、どこでおれは聞いてるのかと言うと、
本社のお客様対応係の知り合いからだったりするワケで。(^^;


言葉が悪いという主張も多数ありましたが、
本音を言うとおれはこのくらい強く言ってもいいのではないかと思ってます。
というかものすごく言いたいですよ、ホントにマジで。(笑)
が、それはホラ、客商売の性と言いますか、
やはり相手に失礼のないような言葉遣いは必要なワケですよ。
アンタが悪いんだ(゚Д゚)ゴルア!!!とでも吼えようモノなら速攻でクレームが飛び交います。
今回の一件だって、当事者ではなく第3者なんだし。
それを踏まえると、やはり当たり障りのない放送しか出来なくなってしまうのですよ。
おれらだって自分の身分を守らないといけない身ですから、
DQNサマに荒らされて修羅場なんて事態は出来る限り避けたいのが本音。
しかし、言わないと気が済まないというのは全国の車掌の共通認識ではないかとも思ってます。
ですので、大半の車掌さんは危ないからしないでね〜♪レベルの放送をしていたり
また一部のツワモノ車掌さんは皮肉を込めたりしています。
でもまぁ、そんな放送で聞き入れてくれるような人はもともと駆け込みなんてしないでしょうから
意味がないのは分かってるんだけどねぇ・・・。(汗
だからこそこの程度は許容範囲じゃない?と思っちゃうのかなぁ・・・?

言い回しという意味ではこのブログを見て、許容範囲という部分で多少の自信が持てるようになった。
だけどあくまでもサービス業という観点からすると難しいんだよね。


ので、無難だけどズバっと突き刺さるような放送文が思いついたら教えてくださいな。(笑)



いつになく前フリが長かったけど、ここからが本題。(w

駆け込み乗車っつ〜と、人間がドアにカニばさみになった図をイメージする方が多いと思います。
が、挟むものは人だけではないです。
一番多いのはカバン
カバンをドアに向かって差し込む人はホント多いです。
今時の高校生くらいのサイズのカバンなら側面灯が消えないのでその扉だけ開けることはできますが
薄いカバンだと最悪全扉を開けないといけないケースもあります。
ちなみに取っ手辺りまで入ってしまうと、
今度はこっちが気づかないで電車を出してしまうことも考えられます。
だって、ドアのある位置は車両側面からだいたい3cmは奥に入ってますから見えないワケよ。
大抵は人が車体のギリギリまでいるからだいたいわかるけどさ、
これが湾曲したホームで5メートル以上離れた15インチのモニタから見てると
場所によってはじっくり見ないと人だか何だかワカランものに認識するときもあります。

それから雨の日なんかはカサ突き出して特攻するDQNもいますね。
車内にいる人に刺さったらアンタど〜すんのよ!?と丁寧に放送させてもらってますが、
正直こういう人の神経が分からないよ。
自分が怪我するならそれは自業自得かもしれないけど、
見ず知らずの他人を怪我させたら立派な傷害よ!? 犯罪よ!?

あとは乳母車で突貫してくるDQNなママも。
えっ!?と思う人もいるかもしれませんが結構良く見かけます。
JR東では昨年1年で2件も乳母車の狭圧→引きずりで非常投入したというハナシも聞きました。
まぁあそこの会社は民鉄と違って運転士の確認のみで電車が出せる作業順序なので
他の会社では乳母車の引きずりなんてケースはまず考えられないと思いますが、
でも子供が挟まれてもイイのですか?と突貫してくるママさんに是非ともお聞きしたいですね。
それにドアの圧力で乳母車のプラスティックが割れたと言うハナシも聞いたことがあります。
買い換えると高いモノですし、その資金も揉めに揉めたら鉄道会社持ちになるらしいので
是非ともおやめください。m(_'_)m


ドアを閉め始めてから完全に閉まりきるまでだいたい5〜6秒掛かります。
閉操作を始めた瞬間ならまだ挟まれることもないでしょうけど、
閉まりきる瞬間に階段とかから人影が見えても神業的な反射神経の持ち主でもない限り
再開扉で対処するなんてのはまず不可能です。
ドアが閉まるエアーの音が聞こえてから走り出したって間に合うわけがないのだから
そんなコトに命かけないで、他のことに体力使うように生きてみません?
こっちだってドア操作に自分の寿命を掛けたくないんですから。(本音w
サラリーマンは1分1秒を争っているなんて言われる時代らしいですけど、
自分の1分を有効活用するために他の人が1分以上損していることも考えてください。

昨日も書きましたけど結構お気に入りなので同じ言葉で締めとさせていただきます。(笑)

自分のワガママに他人を巻き込んでいると言う自覚も持って駆け込み乗車をしてくださいね?
それが分かってりゃ駆け込みなんてできないですよ、きっと。
posted by C at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駆け込み乗車は自己責任???

2〜3年位前に2ちゃんねるで面白車内放送板というのを見たことはあるが、
このニュースはそのシリアスバージョンだね。(ぇw
ただし、同じ職種に就くものとしては大いに共感できる部分でもある。
ケガしてもオラ知らんよ〜、と唱えたくなるようなコトをおれも幾度となくやってますから。(ぉぃw


うちの会社も昔はドアが閉まりきるまで再開閉操作は一切しないという取り決めだったのです。
再開閉操作は別途ボタンひとつで作動させることが出来るのですが、
このボタンは閉まっているドアに対しては電気回路の構造上電流を遮断するので、
挟まっているドアだけを開けることができると言うスグレモノなのですよ。
なので、駆け込んでくるお客様には申し訳ないけど痛い想いをしてもらってました。(笑)
が、今は旅客サービスの観点から
ドア挟圧の恐れがある場合は閉まる前に再開閉操作を行う、と言う風に変わりました。
この結果、例えば朝夕ラッシュ帯で駆け込みによる再開閉操作の回数が増え
遅延列車が増えてクレームが飛ぶようになったこともあります。
だいたい1回再開閉操作をするのに10秒も掛からないのですが、
ドアが開くと駆け込んでくる客ってのは決して一人で終わるワケがないので、
1度開けなおしてしまうと最悪20秒くらいは余分に時間を取られてしまうのですよ。

おれはラッシュ帯に限ってはそんな取り決めは無視してます。
サービスという言葉を持ち出すのであれば
先に少数の人間のワガママとその他大勢の迷惑を天秤にかけるべきだと思います。
そうすりゃ必然的に解答は出るでしょ?
ラッシュピークには一駅でたった10秒遅れただけで
終点に着くときには2分くらいは当たり前のように遅れるワケですよ。
それが10秒だけならともかく、20秒とか30秒とか遅れたらどうなると思います?
想定外の遅延を戻すのはハッキリ言って無理なんだから、
だったら躊躇なく挟ませていただきますと思うおれの気持ちも理解して欲しいな、と思う。
もちろん乗り切れなかったお客さんに睨まれるコトもたま〜にありますけど、
それは気にしない方向で常に心の準備をしてますから。(爆)

逆に日中や夜間はキチンとルールどおりの取り扱いをしてます。
10秒程度なら閑散時だと3駅もあればドア操作だけで時間を戻せますからね。(^^)v
特に一緒に組んだ運転士さんが飛ばし屋だった場合なんかは
階段で降りてくるお客さんを見るとドアを閉めずに待つなんてことも日常茶飯事ですから。(笑)



本日のマトメ・・・

駆け込み乗車してまでもスグに電車に乗りたいなら痛い思いをする覚悟もしろ!
それがイヤなら駆け込みを止めるかあと1分早く家を出ろ!





駆け込み乗車を平然とやってのけるお客様にお願いします。
自分のワガママに他人を巻き込んでいると言う自覚も持って駆け込み乗車をしてくださいね?
posted by C at 03:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 鉄なハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

オーバーラン騒動?

JR宝塚線が19日から運転再開することでほぼ決まった模様。
運行本数の削減ではなく、停車時分の延長や運転区間の時間にゆとりを持たせるというダイヤ。
過密過密と叫ばれて久しいけど、決して運転本数の隙間が小さすぎたワケではなくて、
尼崎駅での乗り換え時の神戸線や東西線との乗り継ぎに過密さがあると思っているので
個人的にはこれでよいのでは?と思います。

あとは、JR西日本という会社がどこまでフツ〜の鉄道会社に戻れるかだけでしょう。
国鉄時代は綱領の模範にもなるほど安全に対して厳格な組織だったのですから。


今朝乗務前に詰所のTVで流れてたニュースのひとつに、
JR九州がオーバーランを公表していなかったと言うのがあった。
うわぁ300mも逝っちゃったのかよ(==;)と思ったら、キーポイントが全然違うところで、
オーバーランそのものよりもその事実を公表していないと言うところのほうに重点を置いていた感じ。

素朴な疑問だけどさ、尼崎の事故が起こるまで、オーバーラン単体でニュースになったことなんてのは
少なくともおれが車掌になってから3年半で1度も見たことはない。
もちろん、オーバーランして停車駅を超えて客扱いをせずに、というのは別ね。
なのにあの事故以来、鬼の首を取ったかのようにオーバーランオーバーランと
TVで吼えていた時期もあったし、正直それを苦々しく見ていたおれもいたワケだ。
いくらなんでも度を越した報道じゃないの?とココにも書き込んだコトだってある。
ここ数日はだいぶ大人しくなったけど、昨日のニュースでは2件ほど見かけたが、
そのうちの1件がコレ。

ニュースの本質としては公表しなかったJR九州の姿勢を正しているかのようにも見えるが、
その前にちょっと考えて欲しい。
『オーバーランしました』っていうのは、会社が記者発表で言うような事件なのかい?
尼崎前のこの業界ではあり得なかったコトですよ!?
事故が起こった心理的な遠因でオーバーランが、と言われてはいるけど、
オーバーランが直接の事故原因とは誰も言ってないじゃない?
それに、オーバーランしちゃったら乗っていた旅客に遅延と言う形で迷惑は掛かるけど、
んじゃ遠く北海道のヒトがこのニュースで不利益を蒙るのかい?というと、
そうそう乗らないところの電車だから関係ないね、で済んじゃうでしょ?
それよりも、公表することで沿線住民に不安を投げつけると言うほうが問題だとおれは思う。
例えどんな事故があっても他に選択肢がない限り通勤通学の足として使わざるを得ないのだから、
オーバーランの事実だけ先走りさせたって意味がない。
これが乗務員がその場で謝罪放送しなかったとか、
そのまま止まらずに次の駅に行ってしまったというのなら理解は出来る。
それは乗務員のミスというか取り返しのつかないアクシデントだからね。

結果的にこのニュースがJR九州でオーバーランを公表するという結末に追い込んだわけだが、
どうしても疑問に思うのが、公表することに何か意味があるの?、と言うコト。
会社の姿勢を正すとかそれ以前の問題でしょ?
対応が悪ければそれは報道されてもやむを得ないと思うけど、
ただ単に『オーバーランしました(終了)』で何が分かるの?
絶対こんなこと意味がないって!!!

もしもこれが他の鉄道各社に波及したらどうなるのだろうか?
それこそ言い方は悪いけど、『本日のオーバーラン』とか題したコーナーが
報道番組の中で簡単に出来ちゃうくらいの数になると思うよ?
それってアホらしくね?
もしホントにそんなコーナーが出来ちゃったら、おれはその番組の品位を疑うね



もしもあの脱線事故が起きてなかったら、間違いなくこんなことは新聞記事にもならなかったハズ。
闇に封じたい、と言うわけではない。
土佐くろしお鉄道のような運転士急病による駅舎衝突事故見たいなケースを除いて、
(これは会社側の保安管理に問題があると思ってるからw)
オーバーランが直接的な原因で死傷事故になったケースがあるなら挙げてみろ、と言いたい。
あまりにも乗務員や鉄道会社をバカにし過ぎてないか?
いい加減報道のあり方ってのに疑問を持ったほうがいいかもしれないね?
あまりにもワイドショー的要素がフツ〜の報道番組にも取り入れられつつある感じがするけど、
いわゆる『報道』と言うジャンルに於いて、
後に続かないニュースを取り上げることに意味があるとは到底思えない。



オーバーランをしなくて当たり前、はおれら乗務員の中では常識です。
そんなコトは充分過ぎるほど分かりきっていますよ、ハイ。
むしろ居眠りでオーバーランしたことに同情の余地はないくらい言い切れます。
結果的に彼は乗務から下ろされるであろうコトは想像に難くないです。
もっともおれは運転士じゃありませんから批難する資格はないですけどね。(汗
だからといってここまで追い討ちを掛けるような報道の仕方はもっとおかしい。
ミスに変わりはないけど、オーバーラン自体は事故の可能性の低い項目だとおれは思います。
そして、報道にココまで追い詰める権利があるとも思えない。
数字が欲しいだけなら他をあたってくれ。
政財界を見渡せばもっとでかいニュースが腐るほどいっぱいあるんだから、
手当たり次第の報道ってのはそれこそ品位が問われると思ったほうがいいんじゃない?

何度も何度も言わせて貰うけど、このニュースに何の意味があるの?
誰かおれに教えてよ・・・。
こんなんじゃ、バカバカし過ぎてとてもじゃないけどニュースを見る気にならないね。
posted by C at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄なハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

フィット Myインプレッション

こう書くと何かフィットを買ったような気になるのはおれだけか・・・?(ぉぃw

というわけで、若干2名以上の方、お待たせしました。
フィットのインプレです!!!


元々は試乗車だった代車らしいので当然CVTなんですけど、
HR−Vと違ってそポーティモードのCVT付きというクルマだったのよ。
もちろん、7速CVTとは別モノだけどね。。。(汗
ただロゴの1300CCと比べたらパワーもトルクもずっと上で
おれの乗ってたカローラくんよりもパワフルだった感じがしたね。
技術の進歩ってのは恐ろしいね。(笑)
Sモードで軽くアクセル踏んだだけで加速が凄い凄い。
ホントにこのクルマは1300CCなのかと疑っちゃうくらい良く伸びたね。

そんなゴキゲンなクルマなので、おれの性格だと代車だろうと
かっ飛びモードで運転すると思ってしまった方、期待ハズレでごめんなさい。(笑)
ものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く大人しく運転してました。

何故って???

モビリオ借りてた時にはなかったんだけど、燃費計がインパネについてたんですよ。
CVTでおれのウデでどのくらい燃費稼げるかに挑戦してました。(爆)

で、これがその成果です!

nenpi.JPG


10・15モードで24km/1Lという驚異的な燃費性能のワリに実燃費が16kmくらいという
サギみたいな数字の落とし方をするクルマで有名ですけど、
このくらい走るなら上等でしょ?
ってか褒めて?(ぉぃw

んで、110kmくらい走ったところでガソリン突っ込んでディーラーにお返ししたのですけど、
その時に8.3Lくらい入ったのかなぁ?
で、マジメに燃費計算すると、

116.8÷8.30≒14.07



ホンダさん、お願いだからこんなところで見栄を張らせないでくださいよぉ・・・(自爆w
ってかさ、こんな小手先の燃費系の記録更新のためだけに
どんだけおれがエンジンブン回したい衝動に駆られてたのを我慢したかと小一時間・・・(ry


次またフィット借りたら今度は本気でかっ飛びモードで走ってやるんだ!!!(ガキw




動力性能はコンナ感じ。

んじゃ旋回性がどうかと言うと、おれにはものすごく怖かった。
どう怖いかって言うと、D固定でステアリングを切る時、
足回りが純正でもそれなりに固めの脚だけど、
それでもアクセルを踏みながら曲がっていくのは怖いからと
アクセルから脚を離してコーナーに侵入してステアリングを切ると、
クラッチを踏みっぱなしの状態と同じ感じでコーナーに入ってくのね。
だから、ものすごくコーナーリング中の挙動が不安定というか
前過重にならないからクルマの挙動に自信をもてないと言うか
ものすごく怖いの。
ちなみにこれはワインディングみたいな道路だけじゃなくって、
交差点の右左折でも同じように感じたのよ。。。
ステアリング切ってゆっくり進入していくのに、惰性で進んでいくおかげで
これもまためっちゃめちゃ怖いわけだ。
かといって目いっぱい減速すると、20kmから下になる瞬間に
グググっと突然エンジンブレーキが掛かって減速しすぎの状態になってしまう、と。

ハッキリ言って乗りづらいというセリフ以外に何も出てこない・・・。(><)


ちなみに対策としてはSに落とすとエンジンブレーキが掛かるからそうやって曲がればよいのだけど、
ワインディングなんかだとエンブレが効きすぎてかえって乗りづらくなるワケだ・・・。
ましてやスイスイ走ってるときなんてねぇ・・・。

やっぱしクルマはマニュアルが一番だよねと本気で思った。
幸い5速MTもあるし、買うならそっちの方が無難ですよ?とは言っておきます。
一番上のグレードしか設定がないけどサ・・・。(汗




いじょ、せかされてやっと書いたインプレッションでした。(ぇw
posted by C at 03:49| Comment(3) | TrackBack(0) | CAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

迷惑メール

おれのプロバイダから貰ったメアドに届いたメール。




Title: わかりますか?
From: tdl_poohsan_daisuki503@yahoo.co.jp
To: tdl_poohsan_daisuki503@yahoo.co.jp
Date: Tue, 14 Jun 2005 14:55:27 +0900


アドレス変わりました。私わかります?メール下さい。






分かるワケネェだろ(゚Д゚)ゴルア!!!








ガキの使いじゃないんだから、先に名を名乗りやがれ!
posted by C at 03:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

トラックバック考察

ブログを始めてから『トラバって何ぞや?』という疑問はおれの中では徐々に解消されつつあります。
SEESAAのトップページにはトラバランキングとかいうモノもあり、
ある意味数字を稼ぎたいブロガーの皆様にとっては、トラバ数ってのはステータスでもあるワケだ。

『トラバってどんなモノか?』とか『トラバの使い方は?』という疑問は
コチラのブログになかなか分かりやすい説明があるので省略。
個人的には別の意味で笑わせてもらったんだけどね。(ぉぃw



ブログ創設以来、尼崎の事故やIntelMac関係で検索されることも多くなり、
開設当初から比べたらおれのブログにいらっしゃる方の数もものすごく増えました。
同様にトラックバックを打たれる機会も多くなり、それに関しては身に余る光栄だと思っております。

んじゃ、ここらでちょいと今までトラバを打たれたコトに関してのおれ的解釈を述べてみます。
自分で自分のブログに打ったものは別としてね?(ぁw
アレは実験だから(w


尼崎の時は俺猫ログさんからトラバを頂きました。
俺猫ログさんとこには、おれの書いた記事よりもっと詳しい日勤教育の記事が載ってまして、
個人的にこちらからも打たせてもらおうかな?とか思っていたんだけど
時間がなかったので何もしなかったわけですが、
使い方としてはこれは近藤さんや土方さんの説明からすれば非常に理にかなった打ち方だと思います。

ちなみに、ワカ・ハナの2匹、めっちゃかわいいです。(笑)
でもうちのぐぅケンのほうがもっとかわいいです。(親ばかw

次に、IntelMacのニュースが飛び交った頃のお話。
CNETJapanにAppleがIntelチップ採用と言う記事があって、
そこはトラバも打てるブログ形式のニュースサイトということで、
参考にしました記念のトラバを打ちました。
その後、同じニュースやMac関連を扱っているブログさんから数件ほどのトラバを頂き、
試しに覗いて見るとそこではトラバ返しという行動が目立っておりました。
コレってさ、近藤さん土方さんの言い分とはちと違うんですよね。
ですが、御両名の見解とは視点を変えて、あえて好意的解釈に捉えてみました。
一歩間違えれば自分トコのサイトに人を呼びたいからという認識を
持ちかねない人もあるかもしれませんが、
Mac使いの交流のための相互トラックバックとも言い返すこともできるんじゃない?
ですので、おれも見知らぬ方々のIntelMacニュースのブログに
それはそれは容赦も遠慮も一切考慮せずにトラバ貼り付けましたけど。(w

あまり一般的ではないのかもしれませんけど、
こういう使い方も趣の同じ方向を向いている同志にはアリなんじゃない?
と提言してみようかな?



さてさて、何故にこんな記事を書いたのか、言うとですね、
去る6月6日に書いた記事に、とあるブログからトラバを貼られました。
貼ってもらえること事体は大変光栄なことだとは思いますけど、
何でこのサイトから貼られたんだろうというのがヒジョ〜に疑問なんですよ。
今まで書いてきたトラバの観点から言うとこのトラバはものすごく違う向きを見ているんですよ。
つ〜かおれには何故トラバを貼られたのかがまっっっっっっっっったくワカラン。

前者の観点は全く当てはまらず、
後者の観点でも該当するような記事ではない。
強いて言えば、エロゲーという文字だけで貼ったのか?と思うくらい。
でも文章の本質から考えるとまず違う記事であることは明白であるワケだ。
だからどうしてもその理由をお聞きしたい、というのがおれの本音。
かといってそんなコトでメールするだけの時間を割くのはハッキリ言ってメンドクサイので、
目には目を、歯には歯を、トラバにはトラバを!と思って
トラックバック元にトラバを打ち付けさせていただきますので御了承下さい。


果たして返事が来るのでしょうかねぇ?
posted by C at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

車検通過!

っつ〜ワケで、無事に車検をパスしてクルマが戻ってまいりました。(^^)v


さてさて、車検で自分の愛車を預かってもらっている間、代車としてフィットをお借りしていました。
HONDA車暦がワリと長いけど、実はマトモにフィットを運転したのって
コレが始めてだったりする・・・。(汗
発売以来売れ線のクルマだし、妙に代車借りる回数も多いおれだけど、
何故かフィットよりも他のクルマのほうが多いんだよねぇ・・・。

ちなみに、今まで借りたことのあるクルマというと・・・、
・カムリ
・ロゴ
・キャパ
・HR−V
・インテグラType−R
・モビリオ
・ムーブ
・ハイゼット
・オプティクラシック


・・・、免許取得して10年ちょっとにしては台数が多いような・・・。(滝汗


つ〜ワケで、突然ですが代車インプレッションをば・・・(マテマテw


カムリは親父のカローラの車検の時に借りたクルマで、正直良く覚えてない。
まぁ2000CCのクルマってパワーあって乗りやすいよね?程度には思ったけどね。(w


ロゴはまだインテRに乗ってた頃、エンジンオイルが異常なまでに減る原因追及のために2回ほど拝借。
小さいし人乗せるとモノが乗らないというハッチバックの典型的なクルマだったけど
小回りの良さには脱帽したね。
なんせインテRってば、最小回転半径がオデッセイと同じくらいと言う
車庫入れの時なんかバックする時にものすごく左右を気にしてたくらい小回りがきかなかったから、
どっかお出かけした時にバックするのがものすごくラクだったのよ。
ただし、排気量が1300CCしかないファミリーカーだから、
パワーは気にしてはいけないが・・・(ぁw

ちなみにロゴはATとMTを都合1回ずつ借りて、
そのうちのMTのほうはビミョ〜にスポーティになっていたらしいのだけど、
それは推して図るべし・・・。(ぉぃw


キャパは12ヶ月点検で借りたクルマ。
ロゴと比較するとそれはそれはひろ〜〜〜〜〜いクルマでした。(当たり前だw
Aピラーの角度が今時のHONDA車のように寝てないんだけど、
それでもミニバンっぽくフロントドアに三角窓があって、
そこに当時UFOキャッチャーで取ったヌイグルミなんぞ置いたら
さぞかしかわいいだろうなぁという
とことんクルマを弄繰り回してた人間とは思えない発想から
もし2台目買うならキャパだよなぁ、と言っていた記憶が・・・。(笑)


HR−Vは、何で借りてたのか覚えてない。(マテマテ
ただ、異様にドライビングポジションが高かった記憶しかない。。。(汗
あ、あと生まれてはじめてCVTミッションのクルマに乗ったんだ。
スピードが上がっていくのにエンジン回転数が一緒、というのにものすごく違和感があったね。(笑)


インテRは24ヶ月点検のとき。
確かホントはキャパを借りるように予約していたはずなのに、
1日違いで出されて戻ってこなかったので、当時新型で試乗車兼営業車で使っていたのを
ディーラーが気を利かせてくれてお借りしたのよ。
いやぁ、新車っていいよね、程度だったけどね・・・。(ぇw
だってさ、同じインテRでも先代と比べたら確かにパワーはあるし乗りやすかったんだけど、
なんつ〜かあのクルマ、自分のクルマほど快感を味わうって感覚がもてなかったのよね。
逆にフルモデルチェンジを待たずにDC2インテR買ってよかったな、
と断言できるようになった。(笑)


モビリオはレースカーで共同購入したクルマを修理する時に借りたクルマ。
確かに広い。
サイズは5ナンバーなんだけど、ホントに7人乗れるよコレ、と思った。
カローラスパシオみたいに緊急用の5+2シートではないね。
ただおれみたいに横幅がコンパクトなヒトが乗る分には問題ないけど、レベルではあるが。(笑)
モノを積むという観点から見てもかなりお買い得だと思った。
スパシオと違って2列目3列目を倒してもフラットなスペースが出来るので
容量はスパシオに譲るかもしれないけど乗せやすいという利点があるね。
多分レーシングカートでも問題なく乗せられたんじゃないかな?

んでこのクルマ、職場の駐車場でぶつけたコトがある。(ぉぃw
修理代が10万かかって、ボーナスでインテのローンを返すお金を吹っ飛ばしたのよ・・・。(号泣
そのモビリオくんも、今は人手に渡ってしまったらしいが。(w
ちなみにそのレースカーは今は既にない。
レース中に単独クラッシュ→廃車という悲しい運命を辿ったのであった・・・。(TT)


ムーブはオークションで旧型規格のムーブを買った直後の車検で借りた。
ターボつきのおれのムーブと違ってNAなクルマってのは正直パワーがなくてかったるい。
それに新規格で横幅が広くなった分重量も増えているので、やはり加速が悪いってのは正直思った。
ただ、軽自動車全般で言えるコトだけど、小回りの良さと横幅の狭さのおかげで
普通車よりも格段に駐車場に止めやすいクルマではある。
それと、小道でも遠慮なく突っ込めるのも軽自動車ならでは、だよね。
その辺は自分で軽自動車を乗ってみて実感した。
確かにセカンドカーとしては最適だわ。
ただ、遠出したいとは思わなかったけどね。
特にNAだと・・・。(w


ハイゼットは車検直後にブレーキマスターシリンダーが突然お亡くなりになった時に拝借。
突発的に故障したので予約ナシで代車クレと言ったらこれを貸してくれた。
まぁ、ゼイタクを言ったらいけないよね。
借りれるだけマシってモンだから。(苦笑)

な〜んて気持ちで借りたんだけど、これめっちゃツボに嵌ったのよ。(爆笑)
軽自動車の1BOXってエンジンレイアウトがMRなんだけど、
コーナーリングワークもシルビアとかS2000みたいな感覚でものすごく気持ちいいの。(w
ただし、あまりにも激しい曲がり方をすると横転の危険性があるのがネックかな?(当然だw
でもって、このサイズでもレーシングカートがスッポリと入っちゃうんですよ!!!
次のクルマは新車でコレ!(といっても商用ではなくアトレーだけど)と思ったモン。(笑)


オプティクラシックはムーブのエンジンがものすごく悪くなった時に借りたクルマ。
これもおれの軽自動車の観点を見事に変えてくれたクルマだね。
おれの中では軽自動車は1BOX・コンパクトワゴン・ハッチバックの
3種類しか認識してなかったんだけど、
こいつは4ドアセダンという、めったにお目にかかることのない軽自動車のクラス。
無論代車なのだからNAでATなんだけど、
セダンベースだから車体剛性がものすごく良くて、その上軽自動車だから当然軽量。
しかも4気筒でターボモデルもあると来たもんだから、
次に欲しいクルマランキングをアトレーから見事に強奪。(笑)
タービン付け替えてブーストアップして車高落としてツライチでホイール履かせたら
1600CCクラスのレースならもしかしたら
かなり上位にいけるんじゃない?とか思っちゃったよ。(ぉぃw

ちなみに、ジムカーナでは未だに現役らしい。

ものすごくつぼに入ったおかげかどうか知らないけど、コイツは都合3回ほど拝借した。
カローラに乗り換えた後もダイハツでメンテや車検をやってもらってたからね。
『ちょっとココ直したいんですけど〜』というと
『じゃあレイのブツ用意しておきますね〜』と言われるくらい
ダイハツの営業さんに熱く語っちゃったのよ。。。(汗

しかしながら、軽としてはマニアックな部類に入るため、今新車で購入するのは不可能ですが・・・。(TT)



長くなったのでフィットの代車インプレはまた今度に・・・。(ぉぃw
posted by C at 00:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

さらばPowerPC・・・

mac webcaster.comで今日のWWDCの基調講演を聴いた。
夜中の2時スタートだけど、やっぱし昨日見たニュースが気になって仕方がなかったから(w

その中で述べられたことのひとつに、やはりIBMからIntelに乗り換わることが言い渡され、
それも来年にはリリースされると言うものだった。

要約して並べれば、

・1年かけてIntel CPU搭載マシンを発表し、2007年末までにプラットフォームを移項
・実はMac OS Xは過去5年ずっとPowerPCとIntelの両方で走るようにデザインしてきた
・当日のデモンストレーションマシンはジツはPentium4 3.6GHzを搭載していて
 そのマシンでPhotoShopなどを動かしている
 (でも32bitなのか64bitなのかは不明)
・Develpoer Kit includes 3.6GHz Pentium 4. OS X 10.4.1 for Intel(通称ロゼッタ)を
 本日開発者向けに$999でリリース。(ただし要返却らしい)
・時期OS「Leophad」鋭意開発中

コンナ感じ?




OS9からXへの移項が脳移植とするなら、今度は心臓移植と例えればいいのかな?
心移植して、Xで使えてたソフトウェア諸々はエミュレートして新しい心臓に適合させるらしい。
んでもって、今度の心臓にはOS9以前の古い環境は絶対的に適合しないわけで、
G5が出た時以上にOS9ユーザーには厳しいMacワールドになるってことらしい。

個人的に一番興味のあった、デュアルブートOSのお話はナシ。
それから、動かしていたのはPen4だけど、具体的にCPUにどれを採用するかも説明はナシ。





とりあえずIntel inside Macが次の新マシンなんだろうけど、それまで何も出さないで
果たしてAppleは大丈夫なのだろうかねぇ?
事実上の死亡宣告をしたPowerPC搭載機を買おうと思う人なんてそれこそごく少数でしょ?
デュアルCPU搭載のG5が10万円台まで値段が下がるなんてコトはまず有り得ないだろうし、
本体はiPodで食いしのげるかもしれないけど、Mac専門店は大打撃かもね?
ニューマシン売り出す頃にはなくなってた、というオチも十分考えられるし。。。

ま、あとは出てみないと分からない事だらけだからね。
乞うご期待!となるようになればいいんじゃないの? 冷め気味だけどねw



てか、おれもロゼッタ欲しいんだけど?(マテw
そうすりゃPen4 3.6GHz買ってくるだけでMacOS乗るんでしょ?(安直w
posted by C at 05:06| Comment(3) | TrackBack(9) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

何故にMac・・・?

Apple-StyleのTB企画に便乗。(笑)

思い起こせばもう10年以上前のハナシになるんだよねぇ・・・。

まだ学生だったおれにはPCなんぞ高級品以外の何者でもなく、
自力で買えるほどの余裕はま〜〜〜〜〜〜〜〜〜ったくございませんでした。
しかし、ある目的のためにものすご〜くPCが欲しかったりしたわけです。

そんなある日、Dサマ伝手に1台のPCを頂きました。
それが、Performa588というマシン。



ちなみに、その頃ってのがWindows3.1全盛の頃だったのですけど、
当然おれはそんなモノは使ったことがあるわけもなく、
今まで扱ったことがあると言えば高校にあったPC-9801 VMのいわゆるMS-DOSマシン。
だからMacのGraphical User Interfaceは死ぬほど感動しましたね。
その瞬間にMS-DOSは過去のものになったしね。(笑)

で、貰ったMacで一番最初にしたこと・・・



エロゲー(自爆w)




えぇ、ギャグじゃないですよ、マジっすよ!(汗
日本中見渡しても、こんなコトのためにMacを手にするアホなんて絶対いないって!
ゲームやる人間だったら絶対Win買ってますから!!!
それがエロゲーなら尚更ねぇ・・・。(滝汗


その後、今はDサマの奥方から使わなくなったからとPowerMac6300+ディスプレイを頂戴する。
さすがにその頃になると上記みたいなアホなコトをやっているハズもなく、
専門時代の友人からDigital PerformerというDTMソフトを安価で貰いうけ、
秋葉原のSofmapで中古のSC88VLを購入し、ささやかにだけどDTMがメインのPC生活に突入。
一緒にモデムも頂いたので当然ながらインターネットもその頃からやり始めるが、
当時はダイヤルアップでしか使えない=電話代がバカにならないという時代で、
毎日毎晩ネットにつないでたおかげで家の電話代が倍以上になって親から文句を言われ、
毎月の電話代がおれ持ちになってしまい、ヒ〜ヒ〜言ってたねぇ・・・。
ちなみに588時代にもモデムを持ってはいたのだけど、何故か使う気がしなかったね。(笑)


自力でMacを買ったのはiBookが最初だね。
DサマがiMacを買い、デザインがかわいいとかG3速ぇ〜と感動したんだけど
何故かデスクトップが欲しいとは思わなかった。
で、Appleなら絶対ノートも出すだろうと予測し、その頃から地味に貯金を始めたのよね。
そして忘れもしない1999年10月16日、近所のMac専門店に問い合わせたら
当日売り分でiBookが入荷していると聞き、6300を下取りするためにクルマに入れ、
諭吉さん25枚を携えて予約もせずに発売日に半ば衝動買いしちまったワケだ。(汗

ところがところが、3ヵ月後にマイチェンでメモリ容量がいきなり倍になり、
CPUも366MHzのグラファイトもリリースされ、
わずか3ヶ月でおれのブルーべリーのiBookは過去の遺物となってしまった
という苦い記憶も残っている。(苦笑)

その時決めたこと、、、
Macの新製品は即買いしない!!!
いや、本気で思ったから・・・。(汗

iMac/iBookの特徴のひとつにインターフェースがスッキリ、とあるけど、
それで困ったことがひとつだけあったのよ。
USBしか実装されていない上、当時まだ十分なUSB製品が備わっていないと言うこともあり、
MIDI接続のSC88が使えなくなってしまったのよ。
挙句には貰ったDigital Performerも、ディスクはCDだけどキーがFDDというシロモノで
外付ドライブのFDDも買ったのに外接では認識しないと言うオチまでついたときたモンだ!
外に持ち出してDTMが出来ると思って買ったのに、これじゃ意味がねぇし・・・。(号泣)
つ〜ワケで、この頃からインターネット専用マシンとなったのです。


今現在、MacはPower Book G4 550MHzを使ってます。
コイツは昔のようにDTMマシンにしようと思っているんだけど、未だに解決せず。
そのうちiLife'05を買ってGarageBandでもう一度やろうかな?とひそかに計画中。

問題はHDDの容量がものすごくシビアなコト。
残量が1Gしかないんだよねぇ・・・。(滝汗
一度物理フォーマットかけてすっからかんにしてからやりたいんだけど、
ジツは中古購入で肝心のOSを実は持っていないというオチがあり、頓挫しているワケだ。(TT)
しかも品番から察するに、このPB、米国産っぽいから。。。(滝汗
せっかくTigerリリースされたんだし、買わなきゃとは思っているんだけど、
今HDDが重たいことに加え、メモリまでかなりやばい状態が続いているおかげで
正月に組んだWinばっかり動かしている状態・・・。(汗


正直、OSだけならMacの方が圧倒的に上だと思ってる。
OS.Xも罰点だと言われようが、それでもおれにとってはWindowsよりはずっと扱いやすいからね。
でもねぇ、MacでEXELEやWORD使うのが何故だか知らないけど苦痛を感じるのよ・・・。
それに、データを渡した人によっては見られないとかいう人がいたりするのよね。
んだから、もしホントにIntelとコラボレートするのなら徹底的にやってもらいたいとおれは思う。
それこそ、Mac OS上でマイクロソフト製品がマトモに動いちゃうくらいに。


まぁこんなコトを言うと古参のヘビーユーザーの皆様からお叱りを受けるかも知れんけどね。(汗
もっともホントのヘビーユーザーの殆どはOS Xリリースの時にAppleを見放してるけどね。(ぁw
posted by C at 23:57| Comment(1) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AOpenの将来・・・?

昨日のネタでApple-Style経由でいろいろと物色してたらこんなモノに巡り合った。


paradox.jpg



一応お断りを入れておくけど、Mac Miniではないそうです。
AOpenの未来のコンパクトPCなんだそうな。


でもね、、、


paradox2.jpg



どう見てもMiniにしか思えないのはおれだけ、じゃないハズ・・・。(滝汗


ってか良くMiniのフタをこじ開けたなぁと・・・。(マテw
posted by C at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

Intel InsideステッカーがMacintoshに貼られる日

ネタ元はコレ

PowerPCシリーズを捨てるってコトだと認識して良いのかねぇ?
G5速いじゃん?
電気代も食うけどさ。(ぁw

ネット上でもいろいろ波紋を呼んでいる模様。
既にサーバー用として搭載されているWiMaxチップだけを搭載、とか
PowerPCと互換性のあるCPUをIntelに作らせる、とか
もしかしてそのままPentiumマシンに、、、などなど。




1年半前、Intel CEOのCraig BarrettはAppleがIntel製プロセッサを採用するかとの質問に、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
我々は努力を続けていますが、率直にいって、この試みは年々おもしろみのないものになっています。Appleの市場シェアが10%だった頃は魅力的なアイデアでしたが、2%となると・・・。Intelの売上高は四半期ごとに2%ほど上下することがありますが、Appleの影響はその中に収まる程度でしかないということです。もちろん、興味深い点もあるのですが。Steve (Jobs)はIntelのシェアを奪おうとしています。Mac OSをAppleマシンから切り離し、98%の市場に挑戦するという選択肢はないのかと疑問に思う人もあるかもしれませんが、Steveがそれを選ぶことはありません(ネタ元)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と言い切っているし、そのApple CEO、Steeb jobsもその一週間後に

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現時点では、プロセッサを別のものに切り替える必要は、特に感じていない。我々の手には、この世に存在する全ての選択肢があると考えているが、しかしPowerPCの今後の開発ロードマップはとても強力なものだと思う。(ネタ元)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とのお答え。


そこからたった1年半でIBMに見切りをつける理由があまり思い浮かばないんだよね。
ちなみに半年前でもこのコメントから分かるようにIntelに切り替えるとは思ってなかった。
それに、ついちょっと前までG5が世界最速と言い切ってたじゃない?
冷却やノイズ、それからサイズがでかすぎでまだPower Bookには搭載されてないけどさ。。。


まぁ、個人的にはOSさえクリアできるのならなんでもいいや!くらいは思いますけどね。(笑)
現行のWinマシンにMacOS載るって言うならおれは多分使うと思います。

だって、コストパフォーマンスが段違いだし・・・。(汗

もちろん、デュアルOS起動が可能、という前提でね?
でないと、仕事と趣味の間のPCの両立が・・・。(ぇw




とりあえず明日6日、ジョブスCEOがどんな発言をするのか注目、らしいです。




しっかし、反響の凄さには驚きだね。。。
トラバの数が半端じゃない・・・。(汗
posted by C at 21:22| Comment(1) | TrackBack(5) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I love you most in the world

英訳すればこうだよね・・・?(自信なしw




どういうコトかはこれを見てじっくりと拡大していってくれ。(w


ヒトサマのページで見つけたネタなんだけど、素で笑っちまったぃ・・・(自滅w


というわけで、ささやかにトラバ打たさせていただきました。m(_'_)m
posted by C at 19:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。