2005年12月12日

かきなぐりブレスさんにトラバ(^^)v

いや、別に反論記事書くとかそういうワケじゃないですよ?(^^;
運転士が下痢したらど〜なるの?と疑問に思っているとのコトなので、
不肖マイナー鉄道の車掌がエラソ〜に答えてみようかと。(^^;

ってか2日も経ってるけど業界関係者は誰も答えてくれないのね。。。(汗


ウチの会社の場合を例に取ると、主要駅のホーム上には必ず便所があるので、
そこで用を足してから運転再開します。
で、その間止まっている旨を司令に報告するのはどっちでもいいんだけど、
状況から察するに、まず間違いなく車掌の仕事になると思いますね。
そんな状態に陥るってコトは、運転士さん確実にテンパってますから。(笑)

ちなみに余談ですが、腹痛ではなくて急病でど〜しよ〜もなくなった場合は
恐らくデットマンが作動して駅間で緊急停止するでしょうから、
近くの乗務区から応援の運転士が駆けつけるまでそのまま立ち往生していることになるでしょうね。
さすがにおれもそんなハナシは聞いたことないので想像でしか語れませんけどね。(^^;

まぁ、どのみち垂れ流しだけは絶対にないです!
っていうかホントそれだけは勘弁してください・・・。(==;;;


それと、過敏性大腸炎の人って自己申告でもしてくれない限り判別は無理ですから、
それもないと断言できます。
ちなみにもう流行遅れになっているとは思うけど、SAS(睡眠時無呼吸症候群)も自己申告です。
一応ウチの運転士全員には毎年チェックシートでの調査をしているみたいですけど、
運転士適正試験の中には盛り込んでいないようですので。


こんなカンジかな?(^^;
posted by C at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄なハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。