2005年06月19日

駆け込み乗車は自己責任!の記事から駆け込み乗車を考える

ちと昨日の夜中にアップしたニュースを元にブログサーフィンしてみた。
『良くぞ言った!』という反応が非常に多かったのがおれとしては嬉しかったりする。(笑)
ただ、言い方に関してはちょっとキツ過ぎでは?という言葉もありましたが。

ってかさぁ、何でこんな下らんコトに抗議するヤシがいるんかねぇ?
相当な暇人か、それともカタブツなのか、どんなヤシだか思わず想像を巡らせてしまふ。(笑)


実際問題として、うちの会社ではドア狭圧は客の責任にはならないのが現実です。
乗務員が関わる部分で言うと、挟んだことに関してクレームを付けられた場合は事情聴取をされた後、
車掌に過失があったと認められた場合は車掌にペナルティが加えられます。
もっともどんなケースで過失になるのかというと、クレームを喰らったことは何度もありますけど
ペナルティそのものを喰らったコトは一度もないので知りません。(爆)
だって、おれが挟んじゃうケースってのが再開扉ボタンを押そうとしたけど間に合わなかったという
神業的な反射神経を持ってなけりゃ絶対回避不可能なケースばかりですから。(笑)
もちろんラッシュ帯はこの限りではありません。
ちょっとでも定刻より遅れてたら再開扉ボタンなんか絶対扱いません!(マジw
それでお客さんが挟まったのを見てから再開扉させます。
でないと他のドアも開いちゃって余計時間がかかっちゃいますから。(汗
それに駆け込みで狭圧しても、まず車掌の過失となるようなケースはないと思われますがね。
どちらかと言うと、会社のほうが対応に四苦八苦するでしょうね。
仮に駆け込んで挟まれて怪我をしたとして、医師の診断書まで持ってくるような輩には
ソイツが悪いとしか思えないような状況でも、会社としては謝罪せざるを得ない事態が多いそうです。
まぁ確かに怪我を負わせてしまったという負い目はありますから
謝罪せざるを得ないというのは分かるんですけどね、
おれら乗務員側から言わせて貰うと、無茶やって怪我して金を出せってのは
あまりにも理不尽じゃないか?と思うワケですよ。

ちなみに、こういった話は乗務員サイドには届きません。
乗務区の事務方には話は来ているとは思いますけど、
それを僕らに言うほど野暮な方々ではない、ということかな?(笑)
じゃ、どこでおれは聞いてるのかと言うと、
本社のお客様対応係の知り合いからだったりするワケで。(^^;


言葉が悪いという主張も多数ありましたが、
本音を言うとおれはこのくらい強く言ってもいいのではないかと思ってます。
というかものすごく言いたいですよ、ホントにマジで。(笑)
が、それはホラ、客商売の性と言いますか、
やはり相手に失礼のないような言葉遣いは必要なワケですよ。
アンタが悪いんだ(゚Д゚)ゴルア!!!とでも吼えようモノなら速攻でクレームが飛び交います。
今回の一件だって、当事者ではなく第3者なんだし。
それを踏まえると、やはり当たり障りのない放送しか出来なくなってしまうのですよ。
おれらだって自分の身分を守らないといけない身ですから、
DQNサマに荒らされて修羅場なんて事態は出来る限り避けたいのが本音。
しかし、言わないと気が済まないというのは全国の車掌の共通認識ではないかとも思ってます。
ですので、大半の車掌さんは危ないからしないでね〜♪レベルの放送をしていたり
また一部のツワモノ車掌さんは皮肉を込めたりしています。
でもまぁ、そんな放送で聞き入れてくれるような人はもともと駆け込みなんてしないでしょうから
意味がないのは分かってるんだけどねぇ・・・。(汗
だからこそこの程度は許容範囲じゃない?と思っちゃうのかなぁ・・・?

言い回しという意味ではこのブログを見て、許容範囲という部分で多少の自信が持てるようになった。
だけどあくまでもサービス業という観点からすると難しいんだよね。


ので、無難だけどズバっと突き刺さるような放送文が思いついたら教えてくださいな。(笑)



いつになく前フリが長かったけど、ここからが本題。(w

駆け込み乗車っつ〜と、人間がドアにカニばさみになった図をイメージする方が多いと思います。
が、挟むものは人だけではないです。
一番多いのはカバン
カバンをドアに向かって差し込む人はホント多いです。
今時の高校生くらいのサイズのカバンなら側面灯が消えないのでその扉だけ開けることはできますが
薄いカバンだと最悪全扉を開けないといけないケースもあります。
ちなみに取っ手辺りまで入ってしまうと、
今度はこっちが気づかないで電車を出してしまうことも考えられます。
だって、ドアのある位置は車両側面からだいたい3cmは奥に入ってますから見えないワケよ。
大抵は人が車体のギリギリまでいるからだいたいわかるけどさ、
これが湾曲したホームで5メートル以上離れた15インチのモニタから見てると
場所によってはじっくり見ないと人だか何だかワカランものに認識するときもあります。

それから雨の日なんかはカサ突き出して特攻するDQNもいますね。
車内にいる人に刺さったらアンタど〜すんのよ!?と丁寧に放送させてもらってますが、
正直こういう人の神経が分からないよ。
自分が怪我するならそれは自業自得かもしれないけど、
見ず知らずの他人を怪我させたら立派な傷害よ!? 犯罪よ!?

あとは乳母車で突貫してくるDQNなママも。
えっ!?と思う人もいるかもしれませんが結構良く見かけます。
JR東では昨年1年で2件も乳母車の狭圧→引きずりで非常投入したというハナシも聞きました。
まぁあそこの会社は民鉄と違って運転士の確認のみで電車が出せる作業順序なので
他の会社では乳母車の引きずりなんてケースはまず考えられないと思いますが、
でも子供が挟まれてもイイのですか?と突貫してくるママさんに是非ともお聞きしたいですね。
それにドアの圧力で乳母車のプラスティックが割れたと言うハナシも聞いたことがあります。
買い換えると高いモノですし、その資金も揉めに揉めたら鉄道会社持ちになるらしいので
是非ともおやめください。m(_'_)m


ドアを閉め始めてから完全に閉まりきるまでだいたい5〜6秒掛かります。
閉操作を始めた瞬間ならまだ挟まれることもないでしょうけど、
閉まりきる瞬間に階段とかから人影が見えても神業的な反射神経の持ち主でもない限り
再開扉で対処するなんてのはまず不可能です。
ドアが閉まるエアーの音が聞こえてから走り出したって間に合うわけがないのだから
そんなコトに命かけないで、他のことに体力使うように生きてみません?
こっちだってドア操作に自分の寿命を掛けたくないんですから。(本音w
サラリーマンは1分1秒を争っているなんて言われる時代らしいですけど、
自分の1分を有効活用するために他の人が1分以上損していることも考えてください。

昨日も書きましたけど結構お気に入りなので同じ言葉で締めとさせていただきます。(笑)

自分のワガママに他人を巻き込んでいると言う自覚も持って駆け込み乗車をしてくださいね?
それが分かってりゃ駆け込みなんてできないですよ、きっと。
posted by C at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺もこの記事読んだときは「ええ?」って思った。
しかも当人じゃなかったですよね、通報したの。
なんか変な世の中になったなぁ。ある意味非常識ともとれそうなことがまかり通ってる。
Posted by @SiR@ at 2005年06月20日 00:46
いいねぇ。飛んだ先のサイト。
言葉がうわべだけをとらえることがどんなに危険か。
別に裏にある物を読むとか言う難しい話じゃなく,そっとぼかして語ることすら理解されない危険。
会話の基本ではあるが,難しいところでもあるよね。昔できていたはずのことが最近できなくなってきた。
ただそれだけの話。

痴呆を認知と言い換えて,問題の解決にはなってないよ?
Posted by 保険屋D@RF1 at 2005年06月20日 00:59
トラックバックありがとうございました。現場にいらっしゃる方のお声、勉強になりました。不特定多数を相手に、「危ないからしないでね〜」レベルのアナウンスをすると、誰しも、自分のことだとは思わずに聞き流す。一方、自分だと分るような言い方をされると、逆ギレする。…というのが、現実の人間なのかもしれないなぁと思いつつ拝読しました。
Posted by ドラゴン山田 at 2005年06月22日 04:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。