2005年07月05日

Would you do me a favor, Steve???

やぁスティーブ、最近のAppleはとてもアグレッシブだね。
プロセッサーをIntelにチェンジするんだって???
IBMだっていいものを作っていたじゃないか!?

まぁ、将来Macintoshが素晴らしいマシンになるためのプロセスなら
たくさんの期待を込めて見守っていようじゃないか。
勿論皮肉はこもってないからね?(笑)


ところでスティーブ、今度の七夕に新作の発表会をするんだってね?
随分とファンタスティックな日時だけど、もしかして僕の望みを聞き届けてくれるのかい?
それなら、一つだけ聞いてもらおうかな?


iPodが出て来た時よりももっとAppleが危機的状況だった90年代後半、
1台のマシンがAppleと世界中のMac Userに
愛と感動の逆転劇を展開してくれたことを覚えているよね?
そうさスティーブ、キミがパーソナルコンピュータの外観に
インタレスティングデザインを取り入れた、
ブームを呼び起こしたあのボンダイブルーのマシンさ。

今、そのマシンがどんな状況におかれているか知っているかい?
新しくOSを一新し、昔から続いてきたシステムを排除した結果、
たった数年で部屋の片隅にオブジェの一つとして飾ってある存在になってしまったんだよ?

確かにパーソナルコンピュータというジャンルにおいて
日進月歩という言葉がぴったり当てはまる時代だったからね。
だからいつかはそうやってひっそりとした余生を送る時代が来ることは容易に想像できたさ。
だけど、それを分かっていてもこの短期間での技術力の変化と対応性のお粗末さは
余りにも彼らに対してひどすぎる仕打ちじゃないのかい?
僕から言わせれば、彼はMacの歴史における最大級の功労者であり、
右に並ぶほどのものがいないほどの英雄でもあるんだ。
だから、もう一度彼らのやる気を奮い立たせてみる気にはならないのかい?

そう、彼らにも理解の出来るシステムをもう一度作って欲しいのさ。
勿論今のシステムを全部投入しろなんて言わないさ。
出来る限りスリムで構わない、でも軽快なオペレーターを作ってくれることを望んでいるんだ。

きっと彼らは息を吹き返してくれるハズさ。
彼らの実力を数字だけで侮ってはいけない。
だって、一番世界に波及したMacなんだよ?
デザインとインテリアの融合がもたらした斬新なボディを
ただ魅せるだけってのは勿体無いんじゃない?




スティーブ、君なら分かるよね?
だって、キミが生み育て世に送り出した大事な大事な子供じゃないか・・・。





Apple-styleTB企画の第3弾を見つけました。
タイトルが『スティーブお願い!』となっていたので、
いっそのこと手紙っぽく書いてやろうと思い、アップしてみました。
しかも、何となく翻訳調で。(笑)


分かりやすく意図を語ると、先日どこかのニュースで見たことなんだけど
Windowsが旧スペック、恐らくはPentium2クラスのマシンへ
新しく軽量のOSを作る準備があるらしいのよ。
確かにヤフオクや中古PCショップを覗くと、まだ稼動するには十分な筺体が
結構な数で眠っているみたいだからね。
じゃ、Macでもそれは出来ないのだろうか?と思ったわけだ。
で、Macで今一番廃れてしまったメジャーモデルといえばG3のiMacだと思う。
現状ボンダイブルーのiMacにMacOS Xを入れるのはCPUとしてはともかく、
メモリの容量不足でハナからOUTになってしまうわけだ。
でもいろいろなところを探すと結構な数が出てくるんじゃないのかな?
だから、今やロースペックの極みとなってしまったマシンにもう一度息を吹き込んで欲しいな。
そう思ったからの文章です。
OS X軽量バージョン、作ってくれませんかねぇ?




あんまし普段から手紙を書かない人間ですので、文中に読み取りづらい部分はあると思いますが、
その辺は放置して置いてくださいな。(ぉぃw
だって、あんまり突っ込まれるとカオから火が出そうなくらい恥ずかしくなりそうだしね。(笑)
posted by C at 02:21| Comment(3) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は・・・私が初めて購入したパソコンは、iMacでした。
(しかも、G3の前のやつ)
メモリも何も理解していない頃に購入したので、
メモリ追加料金をとられたことすら
意味がわかっていませんでした・・・。
たしか、32MBしかなかったような記憶があるのですが・・・。
(こんな人間が今はソフトメーカに勤めているなんて、うちの会社って一体・・・)
iMacも3年で手放して、今は弟が使っています。
(しかもISDN回線で!)

Posted by こふで at 2005年07月05日 21:04
TBしていただき、ありがとうございました。
OS Xの軽量バージョンで、初代iMacがサクサク動いたら楽しいでしょうね。
G3のMac達も、現役で働きたいでしょうから、軽量バージョンのOSは作ってほしいですよね。
Posted by Applele@所長 at 2005年07月06日 21:30
>こふでさん
これは意外な。(笑)
てっきり最初からWinのヒトだと思ってましたよ。(^^;

>所長
こちらこそ企画に便乗させていただいて感謝ですよ。(^^)v
軽量OS、できればいいのですけどね。^^
Posted by C at 2005年07月10日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。