2005年08月23日

駒大苫小牧高校の部長暴力事件に思う

●駒大苫小牧野球部長、6月と8月に部員に暴力

今年の夏の甲子園は不祥事に始まり不祥事に終わってしまったって印象しか持てないね。
正直、駒苫優勝を予想していた身としては、いやはやなんともかんとも・・・。(汗
で、結果次第じゃ優勝旗返還どころか、夏春甲子園連覇すらも夢で終わる可能性があるんだって?



思うんだけど、オトナの都合だけで努力してきた子供に負い目を被せるってのは
教育的に正しいことなのかねぇ?
この部長のやったことが正しいことなのかどうかってのは一口には言い切れないんじゃない?
ただ、対外的に『暴力』と書き込まれてしまうと、非がどうこうというのは分かるんだけどね。
でもそれを子供達の努力の結晶を強奪していい項目だとは思わない。
部長は責任を負うべきだけど、駒苫の野球部員にまで責任をおっ被せるのは間違っていると思う。

だってさ、明徳義塾と違って、悪玉は部長であって部員ではない。
なのに部員にも連帯責任ってのは絶対変だ!



ってかさ、この殴られた生徒って一体・・・?と思った。
7日にスリッパではたかれて8日には親が学校に連絡したんでしょ?

ドラえもんに泣きつくのび太の図を想像してしまうのはおれだけかなぁ?
posted by C at 23:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

高校野球不祥事にみるムラと恥
Excerpt: 日本はムラ社会で、恥の文化、といわれていたが、今回の明徳義塾、駒大苫小牧問題を考える上で、ムラ、恥という概念が消えうせたことを思い知らされた。 まず、駒大苫小牧から。暴力を受けたとされる生徒がレ..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2005-08-24 09:50

駒大苫小牧騒動と不愉快な仲間たち
Excerpt: さっき仕事から帰ってメシ食いながらTBSのニュース番組見てたら、駒大苫小牧の優勝取り消しは無いとの報道。 当たり前である。あまりに当たり前過ぎて高野連のおっさん達やこの問題を大々的に取り沙汰している..
Weblog: The Friday Night Bootleg Club
Tracked: 2005-08-28 00:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。